バイク整備士が伝授するセルフバイクメンテナンス

チェックしよう

バイクは定期的にメンテナンスを行う事が必要です。

 

メンテナンスと言うと自分では出来ないと思っている人も多くいるようですが、実際は自分でもメンテナンスを行うことが出来ます。

 

もちろんプロフェッショナルの人たちが使う機材は持っていませんので、あくまでもベーシックなセルフメンテナンスですが、是非皆さんも一度自分でセルフメンテナンスをしてみませんか。

 

簡単に出来るメンテナンスは、基本の点検です。とは言ってもバイクに詳しく無い人やメンテナンスの方法を知らない人にとっては、案外見逃してしまう事が多いので、慣れない間はじっくりと時間をかけて見てみてください。

 

まずチェックをしなければならない項目はブレーキとタイヤ、そして灯火類に燃料です。

 

またバイクに頻繁に乗らず、稀にしか乗らない人は空気圧を良くチェックすることも大切です。

 

直線の距離はなんとか走る事ができるけれども、カーブに差し掛かると曲がりきれないなどと言った症状が現れてしまったら、セルフメンテナンすでは対応する事が出来なくなってしまいますので、直ぐにバイク屋さんに持っていって点検をしてもらいましょう。

 

バイクは人の命を乗せて走るものですので、少しでもおかしいと感じたら直ぐにプロフェッショナルの人にチェックをしてもらうことが大切です。

 

常日ごろからバイクのセルフメンテナンスをすることで、未然に大きな事故を防ぐ事が可能です。

 

多少面倒臭いと感じるかもしれませんが、是非怠らないできちんと点検をするようにしてください。

バルブも大切

燃料やオイル、車輪等を含めたバイクのボディやブレーキ、チェーン、クラッチ、バッテリー、灯火類、ネジなどが緩んでいませんか。

 

頻繁にバイクに乗っている人はこれらに緩みがないか等をこまめに点検していることだと思います。

 

特に灯火類については点いていないと大きな事故に繋がってしまう可能性もありますし、更には灯火類が点かない場合には道路交通法に違反してしまうことになります。

 

信号や駐車した時に手で灯火類をかざしてみてチェックしてみることも良いでしょう。

 

ヘッドライトにはバルブがついているのですが、このバルブは同じ種類のバルブを買ってきてそれを使っても寿命が違うので、こまめにチェックをすることが大切なのです。

 

皆さんも一度や二度見かけたことがあるかと思いますが、無灯火でバイクを乗っているひとがいます。

 

バイクを乗っている人本人だけでなく、そのバイクの周りに走っている一般の通行人にとっても危ないですよね。

 

もし自分のバイクが無灯火になっていることに気が付いたらアップライトにして上半分をテープなどで止めるといった応急処置をすることが大切です。

 

そして直ぐに家に帰ってバルブを取り替えるようにしましょう。たったバルブ一つと思うかもしれませんが、そのバルブ一つが命を守ることにも繋がるのです。

 

セルフメンテナンスをすることでついつい見落としがちな箇所を見つけるようにしてあげて下さい。

 

ヘッドライトバブルと一言で言っても種類が豊富にありますので、楽しみながら選ぶと良いですね。